恋をあきらめないで

  • 投稿日時: 2012年7月15日
  • カテゴリ: 恋愛

「恋愛が美人を育てるのです。」特集

 

『そんな彼なら捨てちゃえば?』という映画がある。

その中で、ドキっとしたセリフがある。

主人公であるジジ(女性)の恋愛の相談相手であるアレックス(男性)が

 

「どうして女は男の行動を、心の中で別物に仕上げるんだ!」

 

と言うのだ。

 

 

きゃーーーーーーー

である。

 

なぜ、きゃーかというと、自分にも心当たりがあるからである。

1度デートして、「また連絡するよ」と相手から言われ、

1週間経っても電話が来ない理由を、

 

「仕事が忙しいのよ」「出張かも……」「番号をなくしたのかしら?」「旅に出た?」

「事故や不幸があったのかも……」「真剣だからこそ、慎重なのよ」

と心の中で置きかえる。

 

しかも、そのことを女友達に相談すると

「そうだよ。きっと彼は仕事が忙しいのよ。」などとフォローしてくれる。

そして、その言葉を信じて、さらに前向きに期待してしまう。

 

映画ではこういったやりとりが描かれているのだが

これらが、あまりにもリアル過ぎてイタくて見てられない。

 

気持ちはすごくわかる。

不安になるあまりに、余計な希望にすがってしまい、

冷静な判断ができなくもなるのだ。

 

傷つきたくないがための、ポジティブ妄想スイッチON!

思い当たるフシは満載。

だから、最初の言葉がきゃーなのだ。

 

だが、主人公ジジは

電話が来なくて傷ついても、男のサインを読み間違えて大恥をかいても、

どれだけ傷ついても恋愛を絶対に諦めないのだ。

何があっても、立ち止まらず、気持ちを新たに前を向いて進んで行くのだ。

何だかいじらしくもある。

 

相変わらず、男の行動を、心の中で別物に仕上げるジジに同感できるイタさを

感じながらも、ジジは

「確かに、立ち止ってウジウジしているよりは、

この娘は絶対に幸せを手に入れるのではないか?」

と思わせてくれる。

 

恋をあきらめない、不屈の精神はいづれ素敵な恋を手にするだろう。

また、恋に傷つき、恋で学んだことは絶対に次の恋にいきるだろう。

 

そう、恋で傷つくことだって、次へのステップになのだ。

恋をしたい人、恋をあきらめかけている人、恋を取り戻したい人は

ジジの様に不屈の精神で、恋をあきらめずに頑張って欲しい。

 

恋愛は人をキレイにする。

みなさんも、不屈の精神で恋をあきらめず頑張って欲しい。

 

『そんな彼なら捨てちゃえば?』

http://wwws.warnerbros.co.jp/hesjustnotthatintoyou/

 

ファッションや美容情報はもちろん、気持ちのあり方からコミュニケーションにいたるまで、美人になるためのあらゆる情報をイロイロ発信していきます。
百通りの“美人の華”を咲かせましょう。

PRESENTED BY.MASHU

Copyright © BijinHyakka All Rights Reserved.