視点を変えれば、頭が変わる

みなさんは、日本史が好きですか?

私はというと、学生時代、「テストのために暗記する」というかんじで、日本史そのものの興味深さなど微塵も感じなかった生徒でした。

そんな生徒でしたが、最近、ある本が目にとまりました。

 

『日本史の謎は「地形」で解ける』/竹村公太郎(PHP文庫)

そうです。何年もの時を経て、日本史の本に興味を持ったのです!

 

この本は歴史上の出来事を地形と気象で読み解くといった、他の歴史本と少し視点が違った解説がなされています。

社会学の視点から読み解かれているものは数多くありますが、当時の地形や気象から歴史の出来事を紐解いていくという発想や視点は新しく、とても楽しんで読む進めることができました。

 

この本で紹介されているテーマは、「関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか」「なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか」などといったもので、歴史に精通していない私でもとっつきやすい内容でそういう考え方もあるのか!!と歴史に対する固定観念も打ち破られていく感覚でした。

 

今回はこの本を例に挙げましたが、日常生活においても「視点を変える」ということは大切だなと改めて感じました。

 

今までは苦手だと思っていたもの、興味のなかったもの・・・。

自分の中では枠の外にいたモノが、ひょんなきっかけで趣味になったり得意になったりすることだってあります。

 

これって、とても面白いことだと思いませんか?

 

大げさですが、地球の裏側を見てみる気持ちで、物事を斬新な見方でみてみませんか?

自分史上で大きな出来事になるきっかけを手繰り寄せることになるかもしれませんよ。

視点を変えられる、頭の柔らかさを持ち合わせた素敵女子になりましょう!

 

 

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)
竹村 公太郎
PHP研究所 (2014-02-05)
売り上げランキング: 432

ファッションや美容情報はもちろん、気持ちのあり方からコミュニケーションにいたるまで、美人になるためのあらゆる情報をイロイロ発信していきます。
百通りの“美人の華”を咲かせましょう。

PRESENTED BY.MASHU

Copyright © BijinHyakka All Rights Reserved.