大人もお昼寝タイムが重要?!

  • 投稿日時: 2013年9月20日
  • カテゴリ: 生活習慣

お昼寝と聞く赤ちゃんや保育園のお昼寝タイムなんかを思いまだしますが、
大人にもお昼寝が有効なことをご存知ですか?
 
眠気のピークは14時〜16時だと言われています。
丁度お昼ゴハンが終わり、ほっこりする時間ですよね。
 
みなさん、この時間に眠たくなったりしませんか?
眠たくなったら、集中力が落ち、
仕事や勉強、家事のパフォーマンスも低下してしまいますよね。
 
フリスクを食べても、冷水で手を洗ってみても、ストレッチしてみても眠気が取れない
そんな人は是非、お昼寝をして下さい。
 
お昼寝に関しては、色々と研究されており、お昼寝後は思考が鋭くなったり、
記憶力が増したり、脳のパフォーマンスを高めると言われています。
つまり、我慢して、いつまでも眠たい状態を続けるよりも、
思い切ってお昼寝をした方が効果的ということなんです。
 
ただし、お昼寝にはポイントがあります。
 
ポイントは“ランチタイムに15〜20分昼寝を心がけること”です。
 
眠気のピークが来る前に寝ておく事で、眠気は緩和されます。
眠くなってから寝るのではなく、眠くなる前に寝ておくがポイントです。
 
また、あまり長く寝ると、深い眠りに落ちてしまうので、目覚めた時に
逆に寝ぼけた状態になってしまいますので、お昼寝は必ず短時間を心がけて下さい。
長時間のお昼寝は、夜の睡眠にも影響します。
寝過ぎには気をつけて下さいね。
 
いかがですか?
 
お昼に少し寝るだけで、午後のパフォーマンス力がアップするのです!
 
午後はいつも眠たくてしかたがないというみなさんは
是非、ランチタイムに、ちょっとだけお昼寝してみて下さい。
 
あなたもお昼寝で午後もスッキリ美人に♪
 

ファッションや美容情報はもちろん、気持ちのあり方からコミュニケーションにいたるまで、美人になるためのあらゆる情報をイロイロ発信していきます。
百通りの“美人の華”を咲かせましょう。

PRESENTED BY.MASHU

Copyright © BijinHyakka All Rights Reserved.