オススメ!ワークス

それ以上の場所は他にない

私がこの曲に出会ったのは、あるショップの店内でした。

出だしこそシンプルなのに、サビになるにつれて山場になっていく高揚感と、自然と身体が動いてしまう軽快なアレンジは中毒性があり、買い物そっちのけで、気付けば全神経を耳に集中させていました。

 

そんな、カッコ良すぎる曲「Rather Be」を演奏しているのはClean Banditという英国のクラシックをベースとしたエレクトロ・ユニットです。

この「Rather Be」は、プロモーションビデオが東京の築地などで撮影されていることから話題になった曲です。

 

 

 

ぜひ、全体を通して聴いてみてほしい曲ですが、特に印象に残った歌詞があります。

 

“As long as we’re together, there’s no place I’d rather be”

(2人で一緒にいる限り他に行きたいところはないよ。 ここが一番の場所なの)

 

この曲に出てくる男女の仲は、破局して復縁を願っているのか、それとも遠距離恋愛になろうとしているのか・・・。聴く人によっても解釈が変わってくる深い歌詞というところも魅力のひとつです。

 

 

本当に愛おしい人に出会ったとき、どんな状況であれ、その人の隣以上に幸せな場所はないと思いますもんね。

 

 

恋する乙女に聴いてほしい一曲!!

恋をしているときは、音楽を聴く時でさえ自分の状況と重ねてしまいますよね。ぜひ、自分なりの解釈を楽しんで、その恋をゲットしてくださいね♪

視点を変えれば、頭が変わる

みなさんは、日本史が好きですか?

私はというと、学生時代、「テストのために暗記する」というかんじで、日本史そのものの興味深さなど微塵も感じなかった生徒でした。

そんな生徒でしたが、最近、ある本が目にとまりました。

 

『日本史の謎は「地形」で解ける』/竹村公太郎(PHP文庫)

そうです。何年もの時を経て、日本史の本に興味を持ったのです!

 

この本は歴史上の出来事を地形と気象で読み解くといった、他の歴史本と少し視点が違った解説がなされています。

社会学の視点から読み解かれているものは数多くありますが、当時の地形や気象から歴史の出来事を紐解いていくという発想や視点は新しく、とても楽しんで読む進めることができました。

 

この本で紹介されているテーマは、「関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか」「なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか」などといったもので、歴史に精通していない私でもとっつきやすい内容でそういう考え方もあるのか!!と歴史に対する固定観念も打ち破られていく感覚でした。

 

今回はこの本を例に挙げましたが、日常生活においても「視点を変える」ということは大切だなと改めて感じました。

 

今までは苦手だと思っていたもの、興味のなかったもの・・・。

自分の中では枠の外にいたモノが、ひょんなきっかけで趣味になったり得意になったりすることだってあります。

 

これって、とても面白いことだと思いませんか?

 

大げさですが、地球の裏側を見てみる気持ちで、物事を斬新な見方でみてみませんか?

自分史上で大きな出来事になるきっかけを手繰り寄せることになるかもしれませんよ。

視点を変えられる、頭の柔らかさを持ち合わせた素敵女子になりましょう!

 

 

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)
竹村 公太郎
PHP研究所 (2014-02-05)
売り上げランキング: 432

About time

今回のオススメワークスは、2013年11月に公開された洋画「About time」です。

監督・脚本は日本でも人気が高い「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスが務めた作品です。

“アバウトタイム”というくらいですから、“時”にまつわるお話です。

 

21歳を迎えた主人公のティムは、父親から一家の不思議な秘密を聞かされます。それは、代々その一家の男性のみに備わるタイムトラベル能力について。そう、時空を自由に行き来することができる能力を持っているということでした。

その能力を使い、ティムは人生のあらゆる場面で起こった出来事をもっと良い結末にと何度も時をやり直します。

そんなティムが、何度もタイムトラベルをして見つけ出した人生の答えとは・・・?

 

日本では未公開のこの映画ですが、私は飛行機の中で鑑賞しました。長時間のフライトの中、さらに“時間”という貴重なものについて考えさせられる映画でした。

ここからは、一個人の感想です。

この映画を観ながら、主人公と一緒に「あのときこうしておけば良かった・・・。よしっ、もう一度やり直そう!」と色んな困難な場面に直面しても、後からやり直しがきくということに散々あぐらをかきました。

みなさんも、日頃から「あの時こうしておけば良かった・・・」と思うこと、よくありませんか?

過去に戻って、あの時の言葉を取り消せたら・・・、こっちをチョイスしていたら・・・。挙げればキリがないほど、こうしていればもっと良くなっていたかも?と思うようなことってありますよね。

 

この映画を観るまでは、「もし時間を戻せたら?」とたまにふと考えていた私ですが、時間は今だけを刻むからこそ素敵なのだと改めて実感しました。

今、その時に迫られる人生の選択に責任を持つこと、愛する人たちと今しかない時間を共有すること、全てたった一度しかない“時”だからこそ大切にしようと有り難みを感じられるのだと思います。

 

そうは言っても、後悔しか湧いてこない日だってあるのが現実ですが・・・。

そんなときも、ぐっと前を向いて明日を見つめてみましょう。

きっと素敵な“時”は、あなたの元にやってきますよ。

 

アバウトタイム。

自分の時間を素敵にできるのは、自分自身。

これが、わたしの答えです。

 

 

『Man in the Mirror』

今回はKing of popことマイケル・ジャクソンの有名過ぎるあの曲をご紹介します。
 
マイケルと言えばスリラーやBADなどを思い浮かべる方も多いかと思いますが、
今回は『Man in the Mirror』という曲をご紹介させて頂きます。
 
この曲は1987年発売のアルバム「BAD」からのリカットシングルで、
1988年に発表され、アメリカビルボードチャートで1位を獲得した曲です。
 
ライブではエンディングに歌われることが多く、
きっとみなさんの記憶にも新しい、最後のコンサートのリハーサル映像を納めた
『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』でもフィナーレに歌われていた曲なので
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 
『Man in the Mirror』 の中の
「世の中を良くしたいなら、まず自分が変わろう!」と
自らを奮い立たせるサビの部分は、
世の中のあらゆる事象に置き換えても、
まさに真理だとあらためて考えさせられます。
 
日々生活していると環境や周りの人に対して、
不平不満が出てきたりすることもありますが
ここで必要なのは、まさに、『Man in the Mirror』スピリッツ。
 
周囲に変わって欲しいと願うよりも、
まずは自分がアクションを起こし変わること。
 
周りが変わるのを待っていても、何も変わりません。
でも、自ら何らかアクションを起こすことにより、それらがいつしか周り影響し
結果、大きな変化につながることもありますよね。
 
マイケルは『Man in the Mirror』で、わたしたちにそんなことを教えてくれます。
 
また、『Man in the Mirror』での
マイケルの語りかけるような優しい歌声とコーラスの織り成すハーモニーが
とてもとても美しく、曲が進んでいくとともに心が洗われます。
 
曲が進行していくとともに壮大になっていく様子は、
まさに、決意を固くしていくひとりの人間の心の様でもあります。
 
『Man in the Mirror』を聞いたことがある方も多いと思いますが、
良かったら、歌詞の意味をなぞりながら、もう1度、心で聴いてみてください。
 
きっとマイケルがあなたに何かを教えてくれることでしょう。
 

清潔感を香らせよう♪『ボディースプレーピュアソープ』

みなさんは普段、香水など香りを身につけていますか?
 
また、フローラル系、ローズ系、ムスク系など香りの種類もたくさんありますが、
みなさんはどんな香りが好きですか?
 
先日、友人と会った時の話なのです。
わたしは普段から軽く香水をつけているのですが、
その日は気分を変えるため、ほのかに香るボディミストをつけていました。
 
当然、オードトワレよりも軽いものなので、
自分だけわかる範囲で香るくらいかなと思っていたのですが、
「めっちゃ良い香りする!!」と友人が言われ、ビックリしました。
 
その時つけていた香りは、石鹸の香りのような軽くさわやかな香りで、
しかも、それはボディミストなので価格もかなりお手軽なものです。
 
普段ローズ系の香水を付けていても、あまり褒められることはないのに
今回、何で褒めてもらえたのしょう?
 
それは、石鹸の香りが万人から好かれる香りだからではないでしょうか。
 
よく考えると、ローズの香りは苦手な人もいるかもしれませんが、
石鹸の香りが苦手という人は滅多にいませんもんね!
なるほど、納得です。
 
また、石鹸の香りは石鹸=清潔というイメージもあると思います。
ふわっと香るだけで、きっと印象も◎、好感度UPだったんですね。
 
わたしが友人に褒められたこのボディミストは
ボディファンタジー『ボディースプレーピュアソープ』です。
 
お手軽価格なのに、とても良い香りで、携帯にも便利なサイズなのでオススメです!
きっと重宝頂けることと思います。
 
最後に、
みなさん、ご存知ですか?
 
人は視覚以外にも、“嗅覚でも恋をする”と言われていることを。
良い香りがする人には良い印象を持つという実験結果もあるほどです。
香りってとても重要なんですね。
 
恋愛でもビジネスシーンにおいても、どんなシーンでも、好感度UP間違いなし★
みなさんも石鹸の香りを身にまとい、さわやかな清潔感を楽しんでみませんか?
 
 

生きるヒント

みなさんは読書をされていますか?
 
今日は、読書をしながらも、
“自分のことを考え、見つめなおすことができる”素敵な本をご紹介します!
 
度々、TVや雑誌などでも紹介されているのですが、私がご紹介したいのは
『人生はワンチャンス!-「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法』
という本です。
 
本屋さんでたまたま平積みされているのを見て、
かわいい表紙の犬の写真と題名のインパクトに惹かれ思わず購入しました。
 
 
以下、文響社HPからの引用です。
 
『人生はワンチャンス!-「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法』とはカワイイ犬の写真とともに、人生で「大切なこと」を学ぶことができる自己啓発本。
表面には犬の写真+フレーズ、裏面には偉人のワンエピソードと格言が載っており、人生で「大切なこと」をより深く理解できるようになっています。
加えて、ページ毎に切り取り式になっているため、気に入ったページをポストカードや写真感覚で部屋に飾ったり、会社のデスクに目標として掲げたりすることもできます。
毎日それを眺めて、仕事の励みにするもよし、カワイイ写真とメッセージにひたすら癒されてもよし。使い方は読者次第です。
本書があなたの大切なパートナーとなって、素晴らしい人生を送る手助けをしてくれるでしょう。
 
 
このように偉人の名言が載っていたり、
人生において大切なことがエピソードとともに紹介されているので、
わかりやすく納得しながら読みすすめられます。
 
私はこの本を読んでいくなかで、
自分の心が引かれた偉人のエピソードを手帳にメモしながら読みすすめました。
 
そうすることによって、
わたしは人生において何を大切にしているのか?
どういう人やどういう人の考え方に共鳴しているのか?
などを知っていく手がかりになると思ったからです。
 
また、それらの手がかりは、私が今後の人生を歩んでいく中で、
とても良いヒントになるのではないかと思っています。
 
偉人と言われている人たちは、当たり前ですがすごい偉業を成し遂げています。
その偉業を成し遂げた際に生まれた思想はきっと、何かの参考になるに違いありません。
そういう先人たちの考え方や知恵を拝借するのも、時には良いのではないかと
思います。
 
いかがですか?
良かったら、みなさんも、この本を読んで、自分を見つめ直してみたり
また、今後の人生の参考になる様な素敵な言葉を探してみたりして下さいね。
 
さぁ、あなたのヒントは?
 

恋は君を強くする

今日は現在公開中の邦画『箱入り息子の恋』をご紹介します。
 
年齢=彼女いない歴の35歳の主人公・健太郎が生まれて初めて恋をし、
舞い上がったり、壁にぶつかったり、
不器用ながらもその恋を通じて成長していくという物語です。
 
【定時で仕事を終え、まっすぐ家に帰る・・・
そんな毎日を過ごす健太郎は恋とは無縁の存在。
ある日、そんな彼の前に初恋とも言える運命の相手が現れて・・・。】
 
という、あらすじを聞いただけでも
主人公のピュアさや初々しさが目に浮かび、思わず微笑ましくなりますよね。
 
映画を見た感想ですが
主人公がはじめて恋をすることで、責任感や向上心を持ち、
壁にぶつかりながらも必死でひとりの女性と向き合う姿勢が
なんとも眩しかったです。
 
映画を観ながら主人公と一緒に笑ったり、どうしようもない気持ちになったり、思わず感情移入してしまう場面がたくさんありました。
 
「そういえば初めて人を好きになった時、私もこんな気持ちだったかなぁ?」なんて自分と重ねてみて、ちょっと懐かしくも思ってみたり…
 
私たちは、恋をする度に、相手の容姿や条件など、
その人の中身以外の色んな要素で相手に対する理想が勝手に膨れがちですが、本当に大切なのは“相手と気が合うかどうか、相手を尊重できるかどうか”
ということが本当に大切なのだとこの映画で改めて気付かされました。
 
あなたは今、誰かに恋をしていますか?
一度くらい、身を焦がすようながむしゃらでひたむきな恋をするのも
いいんじゃないでしょうか。
 
「恋は人を強くする」
画面がエンドロールに移り変わったとき、
心の中でわたしはつぶやいていました。
 
さあ、みなさんもまずはこの映画から。

自分へのプレゼントに最適『GIVENCHY』

ブランドと言えば、

シャネルやヴィトンやグッチが思い浮かぶ人も多いと思いますが、

ジバンシーがオシャレなこと、みなさんはご存知ですか?

 

ファッション業界やファッションが好きな人の間では有名なブランドですし、

世界的にはすごく有名なブランドですが、

日本での一般的な知名度は、先にあげたブランドに比べたら劣りますよね。

 

また、ジバンシーは、日本においては

どちらかというと、コスメのイメージかもしれません。

 

そんな、日本では、まだまだ一般的ではないジバンシーですが、

海外では、スニーカーや、バックなどかなりの人気のようです。

 

なかでも最近人気なのが、このポーチ!!

 

 

可愛くないですか?

 

なんと、店頭に置いて、しばらくすると、

すべて完売してしまうほどの人気出そうです!!

 

すごくないですか?

 

お値段は5万〜10万まで。

少し高いですが、それでも飛ぶ様に売れるのだそうです。

 

ポーチと言っても、クラッチの変わりにもなる大きさなので

バックインバックとしてももちろん使えますが

クラッチ変わりに持ち歩いている人が多いようです。

 

こんなポーチを持ち歩いていたら、確かにすごくオシャレですよね。

 

デニムやカジュアルなファッションのアクセントにとてもイイですし

上記の様な、ビーズの刺繍のポーチだと、

パーティーシーンなんかでも活躍できそうですね。

 

毎シーズン違うデザインが登場するそうです。

ちょっとエッジーなデザインも結構あるそうです!

もし、気になる人は是非、チェックしてみて下さいね。

 

少々お値段は、はりますが…

いつも頑張ってる自分にハイブランドのご褒美はいかがでしょうか?

 

ハイブランドを身につけて、少しいつもとは違う自分を楽しんでみては

いかがでしょうか。

 

どうしようもない現実と向き合う本 『光媒の花』

小説や映画を見るってことは時には大事なことですよね。

 

それらに触れることによって、

自分にとって大切な人が誰なのかってことを知らされたり

自分が悩んでいることのヒントを見つけられたり

明日から頑張ろうっていう気持ちになれたり

今までの自分を反省する機会になったり‥

と、なんらかの形で、何かを自分の心に残してくれますよね。

 

逆に言うと、そういうものに触れずにいると

何かを考えたり、自分自身を振り返ったりする機会のひとつを

無くしてしまいますよね。

 

もちろん、日常生活の中から、体験や経験し、感じることもあるのですが、

どうしても日常の中では体験できない、感じられないことなんかもあると思います。

 

だから、小説や映画など

自分が経験や体験できない世界を知り、感じることのできる

そういうものに触れる機会がすごく大切だと思います。

 

みなさんはそういった時間は取れていますか?

家事や子育て、仕事に勉強など色々と忙しい日々をお過ごしだとは思いますが、

是非、心に刺激を与える読書や映画鑑賞の時間をつくって頂きたいと思います。

 

久しぶりに小説を読み、泣いてしまった本を紹介します。

 

大切な何かを守るために、人は悲しい嘘をつく。

光と陰が重なり合う群像の中を一匹の蝶が希望の灯を点しながら辿る。

人は弱いでも希望はある。

 

これは本の紹介に書かれている文章です。

 

どうしようもない現実と向き合う機会をつきつけられますが、

何かを感じることは間違いないと思います。

 

気になる人は読んでみて下さいね。

 

道尾 秀介 『光媒の花』

 

究極の面倒くさがりやさんへ

面倒くさがりやさんの人いらっしゃいませんか?

 

私は究極の面倒くさがりです。

なので、何でもかんでも後回しにし、ギリギリになって大慌て

そんな生活スタイルだったりします。

 

ダメだダメだと思いながらも、何年このスタイルを続けていたりします。

 

そんな私の年季の入った面倒くさがりライフを変える本に出会いました。

 

それは、

本田 直之『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の方法』です。

 

そこには、

“面倒くさがりだからこそ、面倒なことを早くやってしまおう!

なぜなら、今面倒なことをしておかないと将来もっと面倒なことになるから‥”

という内容のことが書かれていました。

 

なるほど!納得です。

 

確かに、面倒だなと思って放っておき、

最終的に大変なことになった経験が私にもあります。

 

後でさらに面倒くさくなるくらいなら、今やってしまおう!

そう思えた瞬間に、私の面倒くさがりライフが変わりました。

面倒くさいを最小限に抑えるために、何でもテキパキとやるようになりました。

とても大きな変化です。

 

もし、私と同様に、面倒くさがりライフを過ごしていて、

かつ、そんなスタイルを変えたいと思っている方は、

是非この本を読んで見て下さい。

 

今までの考え方が、あっという間に変わりますよ。

 

その瞬間、じんわり目が熱くなる『思いを伝えるということ』

「せっかく生まれた思いだから、誰かに感じてもらったほうがいい。」

この言葉を目にした時に、私は胸をキュッと締め付けられた。

 

片思い、苦い思い、空も飛べるような嬉しい気持ち、胸ぐらを掴みたくなるくらいの怒り、でも、それはせっかく生まれた思いだから…。

 

日常生活の中で、自分の本当の思いを人に伝えることはなかなか難しい。

自分自身も大人になるにつれて、自分の感情を出し過ぎないようにすることが

いつしか得意になっている気がする。

 

そんな『思いを伝えるということ』をテーマに、造形や言葉で表現した展覧会を開催したのが大宮エリーだ。

知っている人も多いと思うが、彼女は映画監督や脚本家、コピーライターなど様々な分野で活躍するクリエーターだ。

 

先日、京都で開かれた彼女の展覧会は

『思いを伝えるということ』を 来場者がインスタレーションに

参加することにより感じるという珍しい体感型のものだった。

 

でも、この体感するというのが、すごいのだ。

 

人の感情を表現した物体に触れてみたり、

思いを伝えるときの心細さを平均台に上がり歩いて感じてみたり、

非常にどれも興味深く、また、共感したり、感動したり、納得したり

自分の気持ちを揺さぶるものが多かったのだが、

 

中でも特に印象的だったのは公衆電話BOXだ。

 

それは、公衆電話BOXの中に入って受話器を耳にあてると、

様々な声色で「もしもし?」「もしもし?」と聞こえてくるというもの。

 

誰でも、誰かの声が聞きたくなる時がある、

でも、勇気がなくて電話ができなかったり、色々考え過ぎて電話ができなかったり‥‥

 

勇気を出してかけた電話

そこで、相手の声が聞こえてきたらどんなに嬉しいことだろう。

かけるまでにあった色んな思い、そんな思いも吹っ飛ぶほどの安心感がそこにはある。

 

実際に受話器を耳に当てて、男女様々な人が言う「もしもし?」に

私自身もとても安心感を覚えた。

なんだか、声を聴いたその瞬間、じんわり目頭が熱くなった。

 

声が全てを包み込んでくれるような安心感…色んな感情が瞬く間に駆け巡った。

 

もしもしという言葉、誰かが応えてくれること

そんな些細なことがこんなに素晴らしいことなのだと心の底から痛感した。

 

そんな素晴らしい、体験を用意してくれた彼女の展覧会は残念ながら終了した。

 

だか、この展覧会のテーマ、『思いを伝えるということ』が

11月24日に出版される。

是非、気になる人は読んでみて欲しい。

 

「思いを伝えるということ」それはとっても勇気のいることで、

内に秘めたまま伝えられず終わってしまう思いも多いだろう。

でも、それを伝えることができたら、何かが変わる

そして、世界が開ける。

 

思いは伝えなきゃ、伝わらない。

是非、あなたも勇気をだして、今日から伝える美人に。

勇気を出して伝えよう!

そう、きっと、あなたの新しいストーリーは必ずはじまるはずだから‥‥

 

大宮エリー  WEBSITE http://ellie-office.com/index.html

 

人生が楽しくなる靴

 

 

見ているだけで、ワクワクする靴を見つけた。

それが、UNITED NUDEの靴だ。

 

UNITED NUDE eの靴はかかとが特徴的だ。

単なる、ハイヒールや単なるウェッジソールでは決してない。

 

すべてが、唯一無二のデザインで

1度見たら、忘れられないインパクト、

1度見たら、思わず買いたくなるくらいオシャレだ。

 

履き心地は、変わったかかとだが、ちゃんと履きやすく

歩いていても疲れない。

非常に優れものだ。

 

前述にもあるが、

 

幸せな未来に向かって歩いていくには

本当に歩くことが思わず楽しくなる様な特別な靴が必要だ。

 

そういう意味ではこの見ているだけでも楽しめるUnited Nudeの靴は

あなたの心をワクワクさせる特別な靴に成り得るだろう。

 

オシャレは足元から。

足元の印象が変われば、全体のイメージも大きく変わる。

 

美人には足元を飾る素敵な靴は必要だ。

 

是非、あなたも素敵な靴を見つけて欲しい。

 

素敵な靴で、毎日を、

素敵な相棒ともに人生をも楽しんで。

 

UNITED NUDE WEB SITE

http://www.unitednude.com/

 

ファッションや美容情報はもちろん、気持ちのあり方からコミュニケーションにいたるまで、美人になるためのあらゆる情報をイロイロ発信していきます。
百通りの“美人の華”を咲かせましょう。

PRESENTED BY.MASHU

Copyright © BijinHyakka All Rights Reserved.