マインド

あなたは大丈夫?冬季うつ病

  • 投稿日時:2013年1月20日
  • カテゴリ:マインド

□  自己否定的になる

□  集中力にかける

□  甘いモノが欲しくなる

□  炭水化物が食べたくなり体重が増える

□  睡眠時間が長くなる、朝起きれなくなる

□  一日中ダラダラして過ごしたい

 

冬だけ上記項目にあてはまるという人はいませんか?

 

冬になると、多少、眠たくなったり、食欲がわいたりする人は多いと思いますが、

夏は元気なのに冬だけこれらの傾向が強いという人は

『冬季うつ病』の可能性が高いと言われています。

 

冬季うつ病は、秋から冬にかけて発症し、冬が終わると同時になおるのが特徴です。

つまり、冬季限定の病気なのです。

 

これらの原因は日照時間にあり、

冬は夏に比べて日照時間が短いために、秋から冬に発症する人が多いのです。

 

では、どう対策すればいいのでしょうか?

もちろん、症状が激しければ、お医者様に通って頂くことが1番です。

でも、症状が軽いようであれば、下記のことを実行することにより

改善されることもあるかもしれません。

 

①日光にあたる

日照時間が足りないのが、原因なので、極力日のあたる生活を。

日があたらない部屋にいることが多ければ、毎日意識して外にいる時間を増やしましょう。

 

②食事を意識する

うつの原因となる栄養素を食事で補いましょう。

肉、魚、大豆などのたんぱく質、

ビタミンB6の多いバナナやさつまいも、レバー、青魚など。

 

冬季うつ病かな?と感じた人は

是非、日光と食事に気をつけてみて下さい。

冬はからだはもちろんのこと、心の元気のためにも

少し気を配ってあげて下さいね。

 

2013年、毎日を楽しく過ごすには?

  • 投稿日時:2013年1月8日
  • カテゴリ:マインド

2013年がはじまり、早くも、もう1週間が経ちましたが

今年は(今年も)素敵な年にしたいですね!

 

そこで、今年、素敵な年を過ごしてもらうために

みなさんに心がけてもらいたいことがあります!

 

それは、ジブンをほめること。

そう、ただそれだけです。

 

でも、これ案外難しいんですよ。

だって、みなさん、ジブンに厳しいですもん。

 

また、仕事や、人間関係やと何かに失敗したら、

ほめるどころか、ジブンを責めてしまいますもんね。

 

反省するのは、とっても大事なことです。

でも、責め続けちゃダメなんです。

 

だから、何かに失敗して落ち込んでるときも、そう、ジブンをほめて上げて下さい。

 

毎日、ジブンをずっとほめてあげていると、

ジブンを大好きになり、自然に新しいことに挑戦しようというパワーや

毎日を楽しもう♪という気持ちが溢れて来ます!

 

だから、すごく、些細なことでもいいのです。

例えば、

「今日は一駅前で降りて、10分歩いた!ワタシってエラい!」

「今日は美味しくゴハンをつくれた!ワタシってスゴイ!」

「今日は約束時間の15分前についた!ワタシって素敵!」

など、という感じです。

 

びっくりするくらい些細なことでしょ?

でも、それが大事なのです!

 

是非、どんな時も、毎日ジブンをほめてあげて下さいね。

 

おめでとう!そしてありがとう!

  • 投稿日時:2013年1月1日
  • カテゴリ:マインド

 

新年あけましておめでとうございます。

 

ところで、みなさんは

どれだけの人があたたかな場所で、無事新しい年を迎えられたと思いますか?

 

世界には70億人(2011年データ)もの人がいますが

戦争や貧困により、家のない人(ホームレス)が1億人、

家と呼べる十分な環境を得られていない人は16億人もいるそうです。(2005年データ)

 

日本にも、総人口1億2779万9000人(2011年データ)に対して、

減少傾向にはあるそうですが、

それでも9,576人(2012年データ)もの人たちがホームレスなのだそうです。

 

そうなんです。

そう考えると、私たちは本当に幸せなんです。

昨年につらく苦しいことがいっぱいあったとしても、

嫌なことがいっぱいあったとしても、

暖かな場所で、無事に、新年を迎えられるということが本当に幸せなことなのです!

 

逆に新年に大切な家族と過ごせる人、

大好きな人と過ごせる人、また、特別な場所で過ごせる人たちは

それはそれはすごくHAPPYなことなのです!!

 

だから、わたしたちが健康で、そしてあたたかな場所で

無事に新年を迎えられることに「ありがとう」を言いましょう。

だって、こんな時くらいしか、当たり前のことに、感謝する機会なんて

ないですもんね。

 

こうして無事に新年も迎えることができたのも、昨年頑張った自分のおかげです。

ありがとう!私。

そして、まわりで支えてくれた人たちのおかげです!

ありがとう!私のまわりの人たち。

 

ありがとう。

そして、今年がすべての人にとって幸せな1年になります様に…

これで美人に?達成できる目標のたて方

  • 投稿日時:2012年12月7日
  • カテゴリ:マインド

来年に向けて、スケジュール帳選びが楽しくなる時期。

この時期になると、来年の目標をたてる人も増えるのではないだろうか?

でも、逆に言うと、今年の目標を振り返る時期でもある。

みなさんは今年の目標は達成できているだろうか?

 

ちなみに、私は過去5年間くらい、「今年こそは5キロやせる!」と言い続けている。

確か、「今年は週1回ジョギングする」なんて目標もあったかと‥

そんな、トホホな状態だ。みなさんはどうだろうか?

 

この目標達成ができなかった理由、それは目標のたて方に原因があるらしい。

なるほどと思ったその質問がこれだ。

目標をたてるにあたってのチェック事項

①具体的かどうか?

②達成可能かどうか?

③ワクワクするかどうか?

④数値化できるかどうか?

⑤期日を決めているか?

⑥日課にできるかどうか?

 

私の目標「今年は絶対やせる!」で検証すると

 

●私の目標は、目標自体は具体的だが、実際にやせるために何をするか?いつまでにするか?が、全く具体的でない、また日課も決めていない。

●目標自体は食事制限で1キロやせるのも大変なのに、マイナス5キロは運動もかなりしなければならず運動の習慣がない私には確かにハードルが高い。

●ワクワクする動機がなく、なんとなく設定している。

 

とこんなところだ。

我ながら、ダメダメ目標設定だ。

 

というわけで、目標を修正してみた。

目標:マイナス3キロ( 春までに1キロ、夏までに2キロ、冬に3キロ)

日課:毎日2分サーキットトレーニングをする

甘いモノやお菓子は週1回1つまでとする

達成したら:思いっきりドレスアップして、Sex and the cityばりにHIPな場所でガールズナイトを満喫する!

 

これなら、何となく毎日できそうだし、達成できそうな気がする。

また、達成後の想像に今からワクワクしている。

 

同じ目標でも大きな違いだ。

 

目標は気合いや勢いだけでは、達成できない。

そのたて方が重要なのだ。

 

来年度の美人計画をたてているみなさんには

是非上記の、目標をたてるにあたってのチェック事項を参考にして欲しい。

 

毎日コツコツが美人をつくる、

ワクワクな目標設定で来年はもっと美人に。

 

 

ハートも断捨離?!

  • 投稿日時:2012年11月30日
  • カテゴリ:マインド

頭ん中やハートも

コンピューターみたく、容量の増設できたらいいな

と思ったことはないだろうか?

 

私は、 脳みそのバージョンアップと

ハートの容量増設を常に望んでいる。

 

だが、残念ながら、今の最新テクノロジーをもってしても実現不可能な発想だ。

 

人間のハートには容量がある。

心の中に色々な想いが散らかっていると、心が落ち着かず、新しい発想が生まれてこない。

また、心の中が、色々な想いが溢れていると、誰かの気持ちを受け止める余裕なんかも

なくなる。

 

つまり、今流行の断捨離が、心にも必要になるのだ。

自分にとって必要でない、気持ちや想いの数々‥

それらを、どんどん捨てていかないと、

いつまでも、余裕のない、ネガティブな心の状態が続くのだ。

 

でも、実際に、部屋の断捨離と違い難しいと思う。

だって心は見えないものだから。

 

では、どうすればいいのか?

 

まずは、心の中にある想いを書き出そう。

そして、その中から、ねたみや嫉妬、悲しみや辛い想いなど、ネガティブな想いを

抽出し、捨てると決めよう!

 

だって持っていても仕方ないのだから。

であれば、できるだけ、忘れる努力をしよう。

 

心に空きスペースがあればあるほど、

あなたの心は新しい未来に書き換えられていくはずだから。

 

心豊かな美人は心の断捨離美人。

さあ、あなたも、あなたの心の断捨離を。

 

あなたの恩人は誰?

  • 投稿日時:2012年11月22日
  • カテゴリ:マインド

恩人とは『情をかけ、力になってくれた人』のこと。

あなたには恩人がいるだろうか?

 

『命の恩人』と考えると、あまりにも大層でなかなか思いつく人が見当たらないが

『情をかけ、力になってくれた人』と考えると思い当たる人は何人もいる。

本当に、たくさんの恩人のおかげで今があるんだなと改めて思う。

 

たくさんの恩人の中でも、1番の恩人はかつて、会社でお世話になった先輩だ。

先輩は仕事ができるのはもちろん、人間的にも非常に魅力的で

出会ってすぐに、 先輩を「師匠!」と呼びたくなったほど、私を魅了した人だ。

 

先輩には私が新入社員の時からお世話になっていたこともあり、

私が仕事で壁にぶち当たった時や、仕事が辛いなぁと感じた時には

必ず先輩に話を聴いてもらっていた。

 

あの時々に、先輩が色々私の話を聴いてくれたからこそ、

どんな時でも無条件で私の味方でいてくれたからこそ、

私は頑張れた。

本当に先輩のおかげで今があると言っても過言ではないだろう。

 

ふと、考える。

私は先輩の様に、誰かの力になれているだろうか?

私は誰かにとっての恩人になれているのだろうか?

 

私は本当に先輩のおかげで、色々頑張れた。

だから、私自身もまた先輩の様に、誰かの力になりたいと強く思う。

 

みなさんは誰かの力になれているだろうか?

自分のことばかりではなく、誰かのためにと考えたことはあるだろうか?

 

誰かのために情けをかけ、誰かために力になれる人は本当に心からの美人だ。

みなさんも、是非、みなさんの恩人を思い出し、

みなさんの恩人の様に誰かのために誰かの力になってあげて欲しい。

 

 

ワタシよ!大志を抱け!

  • 投稿日時:2012年10月27日
  • カテゴリ:マインド

「実はね、ちょっと前から小説を書いているんだ。

将来はパリに行きたいと思っている。」と、

私が大学の頃に、アルバイト先の上司が自分の夢を熱く語ってくれた。

 

ちょうど将来の進路で悩んでいた私に、それは、とても衝撃的な言葉だった。

 

だって、普通で考えれば、いい大人が今から作家?パリ?なんて言われそうな話だ。

でも、彼はこう続けたのだ。

「他人から評価されないことを続けるということはすごく難しいことだ。

でも、自分を信じて続けていくことが大切なことなんだ。」

 

トシちゃんではないが、思わずハっとしてグッときた言葉だった(笑)

 

「ケーキ屋さん」「パイロット」「消防士」「お花屋さん」‥‥などなど

みなさんも子供の頃はたくさんの夢を持っていたと思う。

 

私自身も「クッキー屋さん」「ケーキ屋さん」を経て、

一時は「総理大臣」になる!!なんて思っていた。

今思えば大胆なことを口にしていたなぁと恥ずかしくなる。

でも、小さい頃の夢なんて大概が大胆で

「本当になれるかなぁ…」なんて不安は1ミリも感じずに口にできていた。

 

いつから、自分の夢が実現可能かどうか?

なんていう現実的な判断を下す様になったんだろう。

 

そんな、いつのまにか、夢を現実的な判断でジャッジしていた私に

その他人の評価で夢をあきらめない強い信念を持った先輩の言葉が

本当に衝撃的だったのだ。

 

みなさんは他人からの評価で自分の夢をあきらめていないだろうか?

 

夢を実現するのは、他人ではなく、あくまでも自分だ。

なのに、他人の評価に惑わされたりしていないだろうか?

 

もちろん、夢は見るだけでは実現しない。

夢を叶えるには地道な努力が必要だ。

地道な努力をして報われないことだってもしかしたらあるかもしれない。

でも、努力をしないことには道は開かれないのだ。

夢をあきらめなければ、いつか辿り着くかもしれないから‥‥

 

だから、他人の評価で簡単にあきらめないで欲しい。

 

人生は一度きり。

もし、あきらめてしまった人は

子供の頃を思い出して、ワクワク感とともに

自分を信じて是非、自分の夢をあきらめずに挑戦して欲しい。

 

“Never give up on your dream!!”

 

夢に向かって頑張る人は、ひたむきで美しい。

さあ、夢に向かって、一生懸命美人を目指そう!

 

チャンスは準備が整っている人に来る。

  • 投稿日時:2012年9月20日
  • カテゴリ:マインド

川島 永嗣 /語学について

日本国外クラブへ移籍する前より、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強している2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をし、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題無いと語っている。2010年8月にはNHK教育の番組テレビでイタリア語』に出演し流暢なイタリア語を披露している。ポルトガル語は川崎通訳の中山和也によれば通訳を通さなくても問題のないレベルである。

報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルに話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語った。 (Wikipediaより)

 

川島 永嗣 イタリア語でのインタビュー

 

上記の文章読んでもらったら、川島のすごさがわかるだろう。

5ヶ国語話せる上に、+2ヶ国語勉強中?!スゴ過ぎる!

 

川島もそうだが、世界で活躍するアスリートたちは

幼いころから、その世界で活躍する前から

世界で活躍するのを前提に

スポーツだけでなく、語学にも真剣に取り組んでいたのだそうだ。

 

振り返れば、自分の幼いころは、特に夢や目標もなく

のほほんと毎日をのんびり過ごしていた。

そんな、自分の幼少時代と比べると

本当にトップアスリートたちはスゴイなと感じる。

 

チャンスは準備が整っている人に来る(泉 正人の名言から)

 

という言葉がある。

まさに、トップアスリートたちにあてはまる言葉だ。

だが、私たちにもあてはまる言葉だ。

 

長い人生、チャンスは自分のもとに何回訪れるか、わからない。

どんな時にも、そのチャンスを逃さない様に

みなさんも、準備をしっかりしておいて欲しい。

 

仕事だって、恋愛だって、スポーツだって、趣味だって

何にせよ、チャンスを掴むためには、準備は大切。

 

チャンスを掴める人は、日頃から準備を怠らない人。

今日から、コツコツ準備して、チャンスを味方にしよう。

ストレスの感じ方は人によって違う?

  • 投稿日時:2012年8月5日
  • カテゴリ:マインド

興味深いデータを見つけた。

 

米国の黒人 24.5%

米国の白人 40.4%

日本人 73.3%

 

これが、何のデータかわかるだろうか?

これは、不安遺伝子を二つ持っている人の割合だ。

 

では不安遺伝子というのは何なのか?

 

不安遺伝子というのは心の安定に関わる遺伝子で、

これをは、人により、全く持っていない人、一つ持っている人、二つ持っている人がいるらしいのだが、この不安遺伝子の量によりストレスの感じ方が異なるのだそうだ。

ちなみに、不安遺伝子が多いほどストレスに弱く不安に陥りやすいのだそうだ。

 

上記データはその、国別のものだ。

非常に興味深い。

予想通りというか、やはりというか、

日本人は外国人に比べて、ストレスに弱いのだ。

 

外国人は大らかなイメージがあるが、イメージだけでなく事実だったのだ。

また、それは国民性というよりも遺伝的なものだったのだ。

なるほど、納得である。

 

でも、同じ日本人でも、ストレスを感じる人と感じない人もいる。

その差はなんなのであろう?

 

これは、遺伝子以外にも性格やストレスの経験値が不安遺伝子に影響しているからだそうだ。

つまり、大らかな性格であれば、ストレスを感じにくいなど

後天的につくられる性格によってもストレスの感じ方は違うのだ。

 

ここで注目すべきは、ストレス経験値。

 

ストレスを受け、1度それを乗り越えたら、

ストレスの乗り越え方を学ぶと同時に、人にはストレス耐性ができる。

つまり、人は少しづつ強くなっていくのだ。

 

日本人は不安遺伝子が多いだけに、ストレスを感じやすい。

だが、落ち込むことなかれ。

いつの間にか、それらを乗り越えて来てるのだから、

自信を持って次のストレスにも対自していって欲しい。

 

大丈夫、あなたはきっとすぐ乗り越えられる。

考え過ぎずに、自信を持って乗り越えて欲しい。

 

美人には、強さは必要だ。

辛いことや、プレッシャーを撥ね退けられる強さを

ゆっくりと身につけて欲しい。

 

どちらが美人?

  • 投稿日時:2012年5月28日
  • カテゴリ:マインド

電車やバスなどでお年寄りや、小さな子供、妊婦さんなどを見かけた時に、

すっと席を譲れる人がいる。

 

私は自分が疲れている時や体調が悪い時や眠い時は、

イスに座っていても見て見ぬふりや眠っているふりをしてしまうので

それができる人は本当に素敵だなと思う。

 

また、車内が混んでくると

瞬時に状況を把握し少しでもスペースがあれば寄ってくれたり、

空いた席の都合上2人組みがその人を挟んで座った時には

気をきかせて席を変わってくれたり、

些細なことにも気づき、さっと気遣いをしてくれる人は本当に素敵だと思う。

 

階段を下りる時もお年寄りの手を持ってあげたり、荷物を持ってあげたりできる人もいる。

 

反面、優先座席なのにお年寄りが来ても席を譲らなかったり、

荷物をよけたり少しどちらかに寄るだけでもう一人座れるスペースがあるのにもかかわらず寄ってくれなかったりする人もいる。

 

皆さんはどちらが美人だと思うだろうか?

もちろん、答えは明白だが、

 

大事なのは実行することだ。

 

私自身、なかなか実行できずにいるが、

少なくとも優先座席には座らない様に心がけている。

また、荷物は膝に、自分の横に無駄なスペースはあけない様にしている。

 

いづれは、自分がどんな時でも人に席を譲れる、心美人になりたいと思っている。

 

心美人は本当に美しい。

さあ、一緒に個々美人を目指そう!

美人は絶対ポジティブシンキング

  • 投稿日時:2012年5月13日
  • カテゴリ:マインド


問題にぶつかった時、また失敗した時に精神的に
かなりブルーになる人も多いのではないだろうか?

そのうちに、「こんなことになってしまったのは○○のせいだ」なんて、
誰かのせいにしてしまう自分もいたりして、さらに落ち込んだり、
皆さんはそんな経験はないだろうか?

私はいつもそんな感じでブルーになるのだが、そんな時にフと思うことがある。
他の人ってどうなんだろう?と。

私は、ある日、母親に失敗して落ち込まないのか?と尋ねてみた。
すると母親は
「失敗してしまったことを、くよくよ考えていても、仕方ないやん!
失敗は何か自分に悪い所があるから起こるねん。神さんがそれを教えてくれてはんねん。失敗も勉強!そう思ったら失敗もめちゃラッキーなことやん!!」
と答えてくれた。

彼女は究極のポジティブだ。
失敗をさも重大な事でないことの様に言い放ち、その上、失敗してしまったことを
“神様からのメッセージ”“自分のためになること”などと何でもポジティブに捉えられる、そんな所がスゴイ。

失敗を引きずらず、前向きに考える、それが単に楽天的なだけなのか真相はわからないが、
確かに母親はいつも、落ち込むことなく、元気に明るく、笑っている。
また、いつも、ハツラツとしていて、キラキラしている。
そう、考えると、うちの母親はもういい年だが、
ある意味とても“明るく朗らかなポジティブ美人”なのかもしれない。

何事をもポジティブに捉えられる気持ちは素晴らしい。
そして、その大らかさ、朗らかさが強くたくましい大人の魅力となるのだろう。

いつも、明るく元気で朗らかな人は美しい。
さあ、あなたも失敗を笑い飛ばすポジティブ美人になろう!

美人になる方法

  • 投稿日時:2012年4月14日
  • カテゴリ:マインド

夢が実現する方法などという本がたくさん出ているが、
私も、その様な関連の本を読み、実際にその方法を試してみたことがある。

それは
夢を具体的にノートに書き出したり、ビジュアルでイメージをすること。

私はとにかく、自分の夢や、将来手に欲しいもの、行きたい場所などなどを
手帳に書き出したり、それらをイメージできる雑誌などの切り抜きを手帳に貼ったりした。

結果、
今思うと何年か後に
ほとんどが思い通りになっていた。
夢が叶っていたのだ。

これは嘘のではなく、本当の話。
やはり、実際に自分の夢を書き出す事やイメージする事はとても大事なのだ。

なぜ大事なのか?理由はたくさんある。
それは、
脳にインプットされれば、自分の中にしっかりとイメージができ、夢に近づこうと自分でも知らぬ間に頑張るようになるから。
また、自分の中にしっかりとイメージができるようになると、自然と他人に色々伝えるようになり、いつしか、チャンスを引きよせていたりするのだ。

この様にイメージングは重要なのだ。

そこで、提言!

皆さんも
あなたの目指す美人像を自分のノートに書いたり、ビジュアルを貼ってみて欲しい。
そうすることで、きっと、あなたの夢も実現(美人に)するから。

善は急げである、美人になるためにも早速はじめてみては?

ファッションや美容情報はもちろん、気持ちのあり方からコミュニケーションにいたるまで、美人になるためのあらゆる情報をイロイロ発信していきます。
百通りの“美人の華”を咲かせましょう。

PRESENTED BY.MASHU

Copyright © BijinHyakka All Rights Reserved.